*

アドレナルファティーグ(副腎疲労)【1】自己チェックをしてみる

   

以前に、アドレナルファティーグ(副腎疲労/副腎機能低下)に関する本を読みました

医者も知らないアドレナル・ファティーグ―疲労ストレスは撃退できる!」という本です。

その中で、アドレナルファティーグに関する自己チェックができる質問表がありました。

今度やってみようと思って半年近く放置(安定のやりっぱなし性格)していたですが、この度おも~い腰を上げて質問に答えてみました。

↓こんな感じの質問表なのですが、かなりボリュームがあります。

5031801

同じ質問に関して、最後に体調がよかった時まで(過去)とそれ以降現在の状態(現在)についてそれぞれ回答をしていきます。

回答のしかたは、それぞれの質問にたいして、[0=1度もない、あるいは稀に] [1 = 時々、またはわずかに] [2 = 中程度の頻度や強度] [3 = 強い、重症、頻繁にある]の4段階で答えていきます。

全部の質問に答えたら採点をしていきます。

 

自己チェックの結果

1.【0】以外の数字を記入した個数

まず最初に数えるのは、[0]以外の数字がついた個数。それが、頻繁(または強い)にあるか時々(またはわずか)かに関係なく『有るか無しか』をチェックします。

【 】内が私の結果。数字の前が過去、後ろが現在です。

+主要な症状と兆候(質問数31)
【5(過去)/ 24(現在)】

+エネルギーのパターン(質問数13)
【2 / 5】

+頻繁に観察される現象(質問数22)
【5 / 12】

+食物のパターン(質問数9)
【2 / 3】

+悪化要因(質問数10)
【6 / 6】

+緩和因子(質問数4)
【1 / 2】

総個数(質問数89)
【21(過去) / 52(現在)】

 

0以外を答えた個数からわかることは、「アドレナルファティーグを患っているかどうか」です。
男性の場合は総個数が26、女性の場合は総戸数が32より多ければ、ある程度のアドレナルファティーグを患っていることになるそうです。(20個以下の場合は、患っている可能性は低いとのこと。)

私は、過去21、現在52!!!
私の副腎はどうやら機能低下を起こしているようです。

 

2. 合計点の計算

次に、4段階で答えた数字を足した数の計算をします。
0から3で答えているので、すべて3と答えた時が最大の数となります。

+主要な症状と兆候(最大93)
【9(過去)/ 47(現在)】

+エネルギーのパターン(最大39)
【4 / 12】

+頻繁に観察される現象(最大66)
【6 / 25】

+食物のパターン(最大27)
【4 / 7】

+悪化要因(最大30)
【10 / 7】

+緩和因子(最大12)
【3 / 6】

合計点(最大267)
【44(過去) / 104(現在)】

 

合計点からわかることは、「アドレナルファティーグの重症度」
男性と女性で数はちがってきますが、とりあえず女性の場合の点数を。

・40点未満(ほぼアドレナルファティーグを患っていない)
・45~88 (軽度)
・89~132 (中度)
・133以上 (重度)

私は、現在104なので中度のまんなかあたりの重症度ですね。過去は、元気いっぱいだったと記憶していますが、数値的にもほぼアドレなルファティーグではなかったのだなぁとしみじみします。

 

3. 合計点÷総個数

合計点を総個数で割っても重症度をはかることができます。

私の場合は、104÷52=2(*すばらしい!整数で割り切れるとは!!)

・1.0~1.6(軽度)
・1.7~2.3(中度)
・2.4以上 (重度)

こちらの計算でも、私は中度のまんなかですね。

合計点が低くてもこのわり算の数値が高ければ、症状の数は少ないけど1つずつは重いということがわかるそうです。

 

4. 過去と現在を見比べる

過去の合計点と現在の合計点を見比べます。

過去44→現在104

過去の数値の方が高ければ、副腎疲労から回復中。
現在の数値の方が高ければ、副腎機能は低下しているので悪化を防ぎ回復するために行動をとらなくちゃいけない。

私の場合、完全に現在の方が高いです・・・

 

5. 質問表の✩印の合計点

質問表には、✩印がついた質問が6つありました。
この✩印の質問に答えた数字の合計点を計算します。

私の場合、0以外の数字をつけた質問は3つありました。
・慢性的に疲れているー3
・全身がだるく感じられるー3
・理由もなく吐き気があったり、嘔吐するー3

合計9点です。9点以上の場合は比較的重症のアドレナルファティーグを患っている可能性が高いそうです。

 

6. 「素因」のセクションの確認

質問表には、今まで計算した点数に関わっていない「素因」というセクションがあります。精神面や肉体面でのストレスにさらされている環境であるか、病気があるか、などのアドレナルファティーグに繋がる素因があるかどうかを見極める質問です。

私の結果

+素因(最大39)
【10(過去)/ 12(現在)】

素因に関する点数の解釈は、本文にはありませんでしたが、ここに答えた内容から自分がどうして副腎疲労を起こしたのか考えていくことができるようです。

私にとって、この素因セクションが過去と現在の数値が近かったセクションでした。

 

質問表に答えたまとめ

今回本に載っていた質問表に答えた結果、どうやら私は中度のアドレナルファティーグ(副腎疲労)を患っているようです。

睡眠パターン(朝が弱い)や食べ物(脂質や刺激物をとりたくなる)はアドレナルファティーグの特徴と違うな~とも感じる(私は起床後が一番体調がよく、炭水化物をとりたくなる)のですが、そのあたりも確認しつつ次のステップに進んでいこうと思います。

このあと本では、アドレナルファティーグに陥った原因や改善法についてもチェックしていくので、引き続きわたしも実際に手を動かしてチェックしてみるつもりです。

 

私が今回参考にした本はこちら。

 -副腎疲労


クリックありがとうございます♪おかげでモチベーションが維持できます!

にほんブログ村 病気ブログ 原因不明の病気へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

※Twitterやっています。更新履歴をつぶやいています。よろしかったらフォローしてください♪


  こちらもどうぞ↓

アドレナルファティーグ(副腎疲労)【2】原因をさぐる

昨日の続きです。(「医者も知らないアドレナル・ファティーグ―疲労ストレスは撃退できる!」という本を参

アドレナルファティーグ【4】エネルギーを下げるものを排除する方法を考える

アドレナルファティーグ(副腎疲労)対策をしようと、本を参考に1つずつ自分で試しています。 >&

アドレナルファティーグ【3】自分のエネルギーを上げるもの下げるものリストを作る

アドレナルファテイーグ(副腎疲労)について、本を読みながら自分に当てはめて考えています。 >&


  コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

>サイト内検索


【1か月チャレンジ】2018年11月の目標~あと2か月乗り越える

毎年、寒くなってくるこの時期調子が悪くなります。 特に、さむかったり天気が悪かったりする年がひどい。

【1か月チャレンジ】2018年10月の結果~コンビニで買わずにすんだか!?

あっという間に10月も終わりました。 10月の目標は、「コンビニでお菓子などの買い物をしないこと」で

【1か月チャレンジ】10月の目標~コンビニで買わないぞ!

10月も3分の1をこえましたが、今月の目標を。 今月は、「コンビニでお菓子など買わない」です。最近、

【1ヵ月チャレンジ】2018年9月の結果~背中と目をゆるめる

すでに1週間たちました。10月といえども、暑い日も多くてびっくりします。 9月の目標は、背中と目をゆ

【1か月チャレンジ】2018年9月の目標~目と背骨周りをゆるめる

9月の目標は健康系で! 最近読んでいる本で、これはなかなか自分に当てはまっているなと感じているものが