*

オウムサリンから20年後に思うこと

   

オウムサリン事件から20年です。

もう20年も経つという事実にも驚くし、オウムサリン事件をほとんど知らない世代が増えていることにも驚きます。

そして、20年間体や心の後遺症に苦しんで、つらい思いをしている方のことを思うと、何を言っても言葉が軽すぎる気がしてなりません。

 

当時高校生だった私にとって、ものすごくショックな出来事でした。地方に住んでいた私は、東京は修学旅行で行ったことがあるだけ、東京の地下鉄には乗ったこともなかったのですが。

その後大学生になり、先輩方に「スポーツサークルと見せかけたカルト系宗教勧誘活動があるから気をつけるように」とよく言われました。具体的なサークル名も教えてもらいました。

でも、わたしも友達のなかにも勧誘された人はいなくて、先輩方の言ってたことはホントかななどと当時は思っていました。今覚えば、先輩方が勧誘されていたサークルはオウム関連もあったようで、事件のあと数年はそれどころじゃなかったのでしょうね。

当時の私は、まだ元気いっぱい夢や希望にみちあふれていて、あやしげな宗教(宗教がすべて悪いとは私は思っていません)にどうして足を踏み入れてしまうのか?などと信者の方の気持ちが全くわかりませんでした。ちょっと考えたらあやしいじゃん!と。

 

ただのノーテンキでおめでたい人でしたね・・・

 

ところで、ひどく具合いが悪くなって、どこの病院に行ってもどこも悪くないと言われる生活が何年も続くと、常識ってなんだろう?!と思うようになってきます。
かつては言われたら素直に信じられた専門家(お医者さんとかね)の話も、だんだん上の空で聞くようになってきました(苦笑)。

で、私の体調不良の訴えをちゃんと聞いてくれるのは、一般的ではない病院やお医者さんだったり、代替医療家の方だったりするわけです。

こうなってくると、だんだんあやしい話も近づいてきます。この場合のあやしいというのは、別に騙されるとかそういうのだけじゃなくて、どこまで信じていいのか?という話しです。

先方は本当に信じて、善意で話を持ってきてくれます。

私はスピリチュアル的な経験をしたことがないのですが、信じないからそうなんだとか、そう思えばよくなってくるんだとか言われると、そうなのかしら??などと思うようになってきます。

というより、信じられたら楽だし、幸せだろうなって思うんですよね。

 

話を聞いてくれる人がいて、わかってくれる人がいたら、やっぱり心強いし、信じている人は強いからパワーも出てくるだろうなぁって。

なので、今となっては、あやしい(一般的ではない)からこそ惹かれた信者の方の気持ちがわからなくもありません。

 

先日、オウム関連のニュースで、オウムから名称を変更したアレフの若い世代の信者が増加していると言っていました。その中で、専門家が「そういう世代と話をして、常識は違うと伝えていかなければならない。」みたいなことを言っていました。(「常識は違う」のあとに、もう一つ同じような何かを言ってたけど、忘れちゃった)

でも、それって逆効果なんじゃないかな~という違和感をものすごく感じました。。現状が嫌だなって思っている人が興味を持つわけでしょ?

そこに「常識が~」などと言われたら、よけいに反発する気がするのです。わたしも病院に行って、「検査結果的には」とか「一般的には」って言われたら腹立つもん!

 

それよりも、そのままで認めてくれて、状況をよりよくしていくための変化の方法をいっしょに模索できる場を共有することの方が、陽のあたる場所から横へ横へそれていくことを食い止められるんじゃないかなって思いました。

信者の方々って、世の中をよくしたいと思って行動していたんですよね? 現在のテロ組織に関わっている人たちもそうだけど。

そのエネルギーって、ボーッとノーテンキに暮らしているより、よっぽど力があるし物事を考えている方だと思うのです。

その力を他の人が悲しむやり方ではなく、うれしくなる方法で、世の中をよくしていこうって思えるようになればいいのに。

 

そんなことを、つらつらと思った20年後の3月20日でした。

 -未分類


クリックありがとうございます♪おかげでモチベーションが維持できます!

にほんブログ村 病気ブログ 原因不明の病気へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

※Twitterやっています。更新履歴をつぶやいています。よろしかったらフォローしてください♪


  こちらもどうぞ↓

no image

iPhoneにメールが届かないときの対処法

友達から私のiPhoneにメールを送ったそうなのですが、届いていませんでした。 そのメールだけ届かな

いつの日かの夢~誰でもふらっと立ち寄れる場を作りたい

以前から漠然とできたらいいな~と思っている大きな夢があります。 病気の人も障がいの人も健康な人も、老

no image

今日の片付けはちょっとだけ

週末は部屋の片付けをしようと思っていたのですが、急にはいった仕事で思わぬ時間がかかってしまいました。


  コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

>サイト内検索


【1ヵ月チャレンジ】2018年5月の目標~またまたお金の記録だよ~

もう気がつくと15年以上、袋分けで日常のお金の管理をしています。1か月に1回予算ごとに現金を封筒に入

【1ヵ月チャレンジ】2018年4月の結果~ブログかけたかな

2018年4月の目標は、目標宣言以降にブログを6回書くでした。 結果は~~~→2018年4月の記事一

ゴールデンウィークと孤独感

外に出るとやっぱりゴールデンウィークなんだなーと思います。特に、ショッピングセンターの近くなどを通る

チョコとかスナック菓子とか食べ続けた結果

食事療法などいろいろやって、劇的によくなった!ということはないけれど、こういうものを食べているとやっ

英検準1級の面接で聞かれたことなど

英検準1級の面接を受けた時の覚書です。 面接当日の流れは、英検サイトや対策本に書かれていた通りでした