*

学会では遅延型フードアレルギーのIgG抗体の診断的有用性は否定されてる

   

昨年、私は隠れアレルギー(遅延型フードアレルギー)の血液検査を自宅でできると、キットと通信販売で購入して検査をしました。

その結果いくつかの食材に反応したので、3ヶ月間除去生活を送りました。

最初は半信半疑で行った検査でしたが、アレルゲン除去生活でいくつかの体の不調がピタッとなくなり、やっぱり関係していたんだなぁと感じています。

 

ところで、日本アレルギー学会では、次のような注意喚起のお知らせがでています。

[学会見解]血中植物抗原特異的IgG抗体検査に関する注意喚起

米国や欧州のアレルギー学会および日本小児アレルギー学会では、食物アレルギーにおけるIgG抗体の診断的有用性を公式に否定している。

その理由として、以下があげられる。①食物抗原特異的IgG抗体は食物アレルギーのない健常な人にも存在する抗体である。②食物アレルギー確定診断としての負荷試験の結果と一致しない。③血清中のIgG抗体のレベルは単に食物の摂取量に比例しているだけである。

IgG抗体検査結果を根拠として原因食品を診断し、陽性の場合に食物除去を指導すると、原因ではない食品まで除去となり、多品目に及ぶ場合は健康被害を招くおそれがある。

以上から、日本アレルギー学会も、食物抗原特異的IgG抗体検査を食物アレルギーの原因食品の診断法としては推奨しない。

確かに、これだけの学会が否定しているとなると、現代の一般的な医学的には根拠はないのかもしれませんね。

けど、1つ疑問なのは、「IgG抗体のレベルは単に食物の摂取量に比例している」という部分。

私は、牛乳に反応したのですが、乳製品はヨーグルト以外は、丸2年ほぼ口にしていません。これって、かなり食物摂取量として低いと思う。

40829012

子供のころから牛乳は苦手で、給食でも小学6年間中学3年間、どうしても飲めませんでした。今までの人生でも牛乳の摂取量ってかなり低いと思うのですが。

 

確かに、検査結果がでたくさんの反応食品が出てしまって、ほとんど食べる物がなくなってしまったり、この検査をしている一部の医療機関で高額なサプリなどを勧められ続けるという問題もあるんだと思います。

けど、こういうのを試す人って、一般的な治療方法ではよくならないから試していると思うんですよね。だって、最初は普通に医療機関にかかって、保険治療の医療を受けていると思うから。

そして、こういう治療で良くなっている人もいるってことも事実です。

ただし、全員がよくなるわけでもない。私も一部の症状はすごくよくなったけど、全然変わらない症状もたくさんあります。

 

あくまで自己判断で、自分で勉強して、どこまで何をするのかを決めて行く必要があるだろうなぁと思います。

個人的には、まずはお金がかからない方法から試した方が、その治療法があっているかの判断が冷静にできると思っています。

高額を支払っちゃうと「よくなっているかも」とか「もう少しやったら結果が出るかも」など、その方法に有利な言い訳を自分で作っちゃうと思うので。

 

私が遅延型フードアレルギー対策を体験したときの記録は、「カテゴリー:遅延型フードアレルギー」から一覧で見ることができます。

興味のある方は、一番下の記事「自宅で遅延型フードアレルギー(IgG抗体)の検査を受けてみた」から読んでみてください。

 -健康, 未分類, 遅延型フードアレルギー


クリックありがとうございます♪おかげでモチベーションが維持できます!

にほんブログ村 病気ブログ 原因不明の病気へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

※Twitterやっています。更新履歴をつぶやいています。よろしかったらフォローしてください♪


  こちらもどうぞ↓

no image

パソコンのディスク使用率が99%以上になって重かったので対処してみた(追記アリ

【追記:結局、翌日の朝起動したら、重かったです。立ち上げ直後がディスク使用率がいっぱいいっぱいになる

ながら背中グィ~ンで体がすっきり

先日、下を向いて物を書くと体調が悪くなるとブログに書きました。 その時、コメントでとっても嬉しい情報

筋肉痛その後の調子

先日、いつもと違う散歩道で急な坂道を登りました。 そうしたら、翌日足とお尻が見事に筋肉痛になりました


  コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

>サイト内検索


2019年4月の目標~どこまで収入をあげられるかチャレンジ~

完全在宅ワーカーをやっています。収入のピークは3年前でした。そこから減った理由はいろいろあるけど詳細

【1か月チャレンジ】3月の結果~お小遣い帳はつけられた!?~

あっという間に4月になり、新元号も発表されました。昭和から平成になった時に重い雰囲気を思い出すと、こ

【1月チャレンジ】3月の目標~お小遣い帳つける~

飛ぶように毎日が過ぎていきます。 確定申告をしていて、かなり収入が減っていると危機感を覚えています。

【1ヵ月チャレンジ】2月の結果~食べるもの記録

2月もあっという間に過ぎ去っていきまました。 本当に日が経つのが早い。 やろうと思っていることが全然

【1ヵ月チャレンジ】2019年2月の目標~体に入れるものを

なんだかずいぶんと体がしんどく困ったなぁという感じです。 今年に入ってから、あまり遊びに行かないよう