*

家族で北海道に山村留学1年の記録:宮下奈都さんの「神さまたちの遊ぶ庭」

      2016/04/14

またまた図書館の新着コーナーで、面白そうな本を見つけて借りてきました。

本に対する嗅覚は当たる。一気読みしてしまいました。

 

神さまたちの遊ぶ庭
宮下 奈都 光文社 2015-01-16
売り上げランキング : 62753

by ヨメレバ

作家宮下奈都さん一家が、北海道の大雪国立公園内にあるトムラウシ(地名)に1年間移り住んだ記録『神さまたちの遊ぶ庭』です。

150809

北海道のど真ん中。トムラウシ。学校名は、富村牛小中学校。
冬はマイナス25℃、8月でも最高気温が20℃にとどかない日がある山の上です。

 

図書館でパラッと中身を見たときに、フィクションなのかノンフィクションなのかわからなかったのですが、ノンフィクションでした(たぶん)。

2013年度に山村留学していましたが、その期間にリアルタイムで月刊誌に連載していたものです。

エッセイなんだけど、日記風になっています。

15080901 (640x480)

 

トムラウシでの生活について書かれていますが、主にご自分のお子さんについて書かれています。

中3、中1、小4の男男女の三兄妹。全員、かなり個性的です。彼らの小さな学校(小中合わせて15人)での生活や成長ぶりが、とても面白い。

そして、さらに個性的な先生方。全力で生きる大人って楽しいよね、って思わせてくれます。

 

とはいえ、最寄りのスーパーまで37キロメートルといった生活環境。少ないクラスメート。地元の子と数年で入れ替わる山村留学の子の関係。高校入学とともに全く違う環境に一人で入っていかなければならない子供のこと。などなど、考えさせられることもありました。

リアルタイムで書いているので書けなかったこともあっただろうなぁと、勝手な想像。でも、みなさんとてもトムラウシが気に入ったようで、いつか戻ってきたいという気持ちで締めくくられています。

元々は、北海道行きはご主人の熱い思いで実現したもののようでした。でも、作中にご主人の話題はあまり出てこなかったのは、ちょっとさみしかったです。

ご主人は、どんな感じでトムラウシで生活していたのかな。

 

宮下さんの書かれた小説、実はまだ読んだことがないので、今度読んでみようかな。

本書は、とても読みやすく2時間くらいで読み終えました。

声出して笑っちゃったり、少し涙が出たりと、じんわりと心地よい作品でした。

 -エッセイ, 読書


クリックありがとうございます♪おかげでモチベーションが維持できます!

にほんブログ村 病気ブログ 原因不明の病気へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

※Twitterやっています。更新履歴をつぶやいています。よろしかったらフォローしてください♪


  こちらもどうぞ↓

ワインが飲みたくてたまらなくなった 【読書】黄金の丘で君と転げまわりたいのだ

お酒をわいわい楽しく飲みたいなー、なんて思っているときに読んでしまった本。まじで飲みたくなる。 黄金

「骨盤にきく」読書後の覚えがき(2)

「骨盤にきく」という本を読んでの感想。 自分で気になるポイントをあげていくと、膨大な量になってきてい

no image

本屋さん大賞の「羊と鋼の森」がおもしろそう

今年の本屋さん対象の本が決まりました。 宮下奈都さんの「羊と鋼の森」 以前、たまたま宮下さんご家族の


  コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

>サイト内検索


【1ヵ月チャレンジ】2018年5月の目標~またまたお金の記録だよ~

もう気がつくと15年以上、袋分けで日常のお金の管理をしています。1か月に1回予算ごとに現金を封筒に入

【1ヵ月チャレンジ】2018年4月の結果~ブログかけたかな

2018年4月の目標は、目標宣言以降にブログを6回書くでした。 結果は~~~→2018年4月の記事一

ゴールデンウィークと孤独感

外に出るとやっぱりゴールデンウィークなんだなーと思います。特に、ショッピングセンターの近くなどを通る

チョコとかスナック菓子とか食べ続けた結果

食事療法などいろいろやって、劇的によくなった!ということはないけれど、こういうものを食べているとやっ

英検準1級の面接で聞かれたことなど

英検準1級の面接を受けた時の覚書です。 面接当日の流れは、英検サイトや対策本に書かれていた通りでした