*

老後のことを考え出した

   

最近ちょっと老後のことを考えます。

1年後のことも計画立てられない日々が続いていたので、先の長い未来を考えることはもう何年もありませんでした。考えても仕方がなかったし。

でも、最近老後の心配をするようになったというのは、日常が安定してきたということでしょうか。この状況で安定と思えるのは、喜ばしいことなのか麻痺しているだけなのか…

 

今は住むところも金銭的にもかなり親にお世話になっています。家に入れている金額では食費にもなっていないんじゃないかな~。ちょっとずつ家に入れるお金を増やしたいんですけどね。(親は貯めておきなさいと言いますが)

 

もし親がいなくなってしまったらなんとかして生活保護を受けなくちゃいけないんだろうと、ずっと思っていました。結構本気で調べてた。

働きたくても働けないし経済的な選択肢が全くないので、将来の心配をするまでもなく生活保護の受給条件を調べることが私のできることでした…

 

最近は、生活保護と同レベルの経済状況になったので、次のステップ。老後どうするか考えとこうという気になってきた。

 

兄弟や甥姪の手を煩わせるようなことはしたくないけど、病気になって入院するときや施設に入るときも保証人はいるし、死後処理もだれかがしなくてはいけないんですよね。

施設入居の保証人も最初にハンコを押すだけじゃなくて、介護が必要になったりすると頻繁に確認などの連絡もくるそうです。

 

今だったら親がいなくても入院の保証人は兄弟にお願いしようと思うけど、将来兄弟も退職した後になると保証人になれる親戚は甥姪だけになるんですよね。

申し訳なくてそれはできない。

 

でも、一生独身だったり子どものいない夫婦もすごく増えてきて、これからはきっとそういう人たち向けのサービスがどんどん出てくるだろうな~。

急に楽観的な将来設計になったけど。(基本的に楽観的です)

 

すでに、保証人や死後の手続き、お葬式までもやってくれるサービスもあるそうです。

いずれにせよお金はかかるので、その日暮しを脱出できるように貯蓄もしていこう。雀の涙でもちりも積もればで。

最近浪費もしがちなので、気を引き締めていきましょう。そうしましょう。

 

金銭面以外に気になるのは孤独死。自分はそれでも構わないけど、何ヶ月も見つけてもらえないと後の人が大変ですよね。動けるうちから、中高年専門のシェアハウスに住みたいな~。これからどんどんできてこないかな。

その前に、私の条件で賃貸を借りられるのかという疑問もあるのですけどね。いろいろ考えることはあるけど、とにかくまずは少しずつ貯金しよう。

 -お金の話


クリックありがとうございます♪おかげでモチベーションが維持できます!

にほんブログ村 病気ブログ 原因不明の病気へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

※Twitterやっています。更新履歴をつぶやいています。よろしかったらフォローしてください♪


  こちらもどうぞ↓

no image

前年無職だったらもらえる臨時福祉給付金を知らなかった!

去年の春に消費税が上がったので、低所得者層への救済(?)として臨時福祉給付金というものがあったのです

奨学金の減額返金申請をしようと思ってたのに、逆に一括返済することにしちゃった

片づけ以外に今週中にやっちゃおリストの中の1つに、日本学生支援機構(旧育英会)で借りていた奨学金返済

40代が世帯主の17%が低所得世帯だそうで、わたしもその中のひとり。

今日のニュースで、「この20年間で40代が世帯主の低所得世帯の割合が1.5倍に増加」とありました。


  コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

>サイト内検索


英検準1級の二次試験(面接試験)を受けてきたので、当日の流れなどを書いてみる

先日、英検を20年ぶりに受けてきました。奇跡が起こり一次試験が合格し、あわてて2週間で二次の勉強をし

英検準1級を受けたので、一次試験(筆記試験)の流れなどを書いてみる

先日(といっても、数か月前ですが)、英検準1級を受けてきました。英検を受けるのは、ほぼ20年!ぶりで

【1ヵ月チャレンジ】2018年4月の目標~ブログを書くよ~

今月の目標をなににしようかな~と考えていました。今月は、ぱっとこれにしようというものが出てこない。

【1ヵ月チャレンジ】2018年3月の結果~働けたかな

3月の目標は、「1日あたりの働く時間を守る」でした。 結果は、トータルで8割くらいしか達成できなかっ

コンタクトが目の中で消えたので、取り方をあみ出した話。

つい先ほどの話なのですが、ドラマを見ながら泣いていて、その涙をごしごし手で拭いていたら、目の中のコン